ドライヤーでできる!毛先内巻き!

鹿児島 中央駅 徒歩7分 
西田 本通り沿い 兄弟で営む美容室「粧屋」

弟のかわなべひろきです。

(こんにちわ!)

 
ただいま、外ハネのスタイルも流行っていますが、自分の好みではない方も少なくないのでは?  

でも、
ドライヤーだけでは、中々内におさまらない。朝アイロンしないとどうにも…。
という時、

実は、ドライヤーのやり方1つで案外、内巻きが簡単に作れてしまう人も少なくないです。
(ドライヤーだけでは難しい毛質もあります)


今日は、カツラをかぶって解説します。




基本的に長さ問わず、このやり方です。

自毛の長さが足りないので、カツラをかぶります。

こちらをご覧ください。
粧屋に、褐色の大木凡人氏降臨です。
(幸、多からんことを〜〜てか。)


これくらいのショートでも、肩の位置、鎖骨の位置の長さでも基本的にやり方は同じで、ポイントになるのが

手ぐしの通し方 

です。


手順としては、
  1. 頭皮、根元をあらかた乾かす
  2. 手ぐしを通しながら上から風をあてる
  3. 手ぐしを通しながら冷風をあてて仕上げ


頭皮、根元をあらかた乾かす

ドライヤーの風を頭皮にあてるイメージで、バーっと。
ここでは細かいことあんまり考えなくていいです。頭皮と髪の根元を乾かします。

まんべんなくバーーッといきましょう。
半乾きくらいになってからが重要です!



手ぐしを通しながら上から風をあてる


こんな感じです。
左サイドの髪は、右手を内側から入れて、
招き猫の手みたいに手ぐしを通します。

首を少し傾けると、顔と髪の間に空間ができてやりやすいです。
耳周りから、
後ろにかけても、このように。
ドライヤーは上から吹き下ろすイメージ。

逆サイドも同じように

右サイドは、左手を内側から入れて、
後ろの方まで

で、これで、ほとんど乾いたら、同じ動きをしながら冷風に切り換えて仕上げです!


そうすると、
キューティクルの流れが整った、ツヤのある内におさまった仕上がりができますよ!



おわりに

トリートメントやオイルより、ドライヤーの使い方はもっと髪の質感に影響します。

 もちろん、同じドライヤーの仕方なら、オイルなどで補助的にツヤと手触りをプラスすることができます。

髪のコンディションに不満な方は、ドライヤーの仕方を見直すと、結構変わる部分もあると思いますよ^^


僕は、新しいことを習慣化するより、今習慣になっていることを工夫する方が、美髪への近道だと思っています。

だからまずは、新しくトリートメントを、ヘアパックを、オイルをうんぬんより
すでに習慣になっている(であろう)ドライヤーを工夫してみることをオススメします!

同じ電気代、同じ手間で、より良い仕上がりを目指すことは、お財布にも優しいですからね^^

まずはできる(できそうな)ことからお客さまにお伝えして、美髪つくりのお手伝いをしたいと思っています。



過去記事ですが、
上から風をあてる理由、や
冷風を使う理由、はこちらを参考にしてください。


それでは、今日も最後まで読んでくださりありがとうございます^^



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
只今、既存のお客様はご紹介特典。
ご新規のお客様はブログ特典をご用意しております!

是非ご活用くださいませ^^
 

ご予約はお電話からもお気軽にどうぞ!
インスタも鋭意発信中!

髪の悩みに真剣 粧屋(めかしや)

鹿児島中央駅より徒歩7分の美容室。 兄弟2人で営業しております!

0コメント

  • 1000 / 1000