トリートメントが傷むってことは、しない方がいいってことでOK?

鹿児島 中央駅 徒歩7分
西田 本通り沿い 兄弟で営む美容室「粧屋」
(マンツーマン施術で営業中)

弟のかわなべひろきです。
(人生チョベリグこんにちわ)


粧屋のこと知らない方はこちら
兄弟の簡単な自己紹介はこちら
弟の仕事にかける思いはこちら(やや長文)

当店の
LINE、友達追加はこちら  
インスタはこちら


では、本題に

かねてより、当ブログでトリートメントは髪を傷めると言うことについて度々触れてきました。


え?

「知らんがな!」って?



そんなYOUは先にこれ読んじゃいなよ〜!
今回の投稿はこれのおさらい的な感じにもなるんですけど、僕の伝え方も足りない部分があって、お客様によっては、

「トリートメントは傷む」

だから、

「トリートメントしない方がいい」


と思っている方もいらっしゃるんですよね。
これはちょっと僕の伝えたいことが正確に伝わってない気がするので、今日は改めて書いときます。

チェケラ〜



使っていいんですよ。

はい。結論からなんですけど。
使っていいんですよ。全然。
トリートメントは、簡単に言えば髪のファンデーションです。

トリートメントを使うメリットって、
  • 指通りが良くなる
  • ツヤが出る
  • 香りがする
などなど、色々ありますよね。


ただ、デメリットとして、
  • 髪が傷む
使い方によっては
  • 乾きにくくなる
  • ペタッとなる
  • カラーやパーマがうまくいかない
などがあるんですよね。

このメリット、デメリットを天秤にかけた時に、トリートメントを使うべき方も少なくありません。

僕が伝えたいのは、

頼らなくて済むなら頼らないに越したことはありません

ということなんですね。

で、お客さまの髪をお店で見て、
トリートメントしなくて大丈夫そうな方も結構います(特にショートの方は)
一方で、
トリートメントをうまく使う事で、より髪を綺麗に見せられる方もいます。(使い方は個別にアドバイスします)


僕が目指しているのは、

「すっぴん髪の美しさ」

ですが、すっぴんの限界以上のことはトリートメントやその他の施術を上手に頼ることが大事です。

すっぴんのお肌を綺麗にして、それでもシミの気になるとこがあれば、そこだけ薄く化粧する、みたいなイメージ。


ということで、
髪が傷むからと言って、ダメダメ言ってるわけではないということをご理解ください^ ^

(使い方を間違えないことが大事よ!)




おわりに


自分の場合はどうなんだろ?
間違った使い方してないかな?
トリートメントしなくても大丈夫かな?
(わたしはどーなのかなぁ…)

こちらとしても、実際に髪を見て、触ってみないことには確実なことは言えませんが、

多くの方がつけすぎ状態です。



これは顔面で例えると歌舞伎役者状態です。

「いよーーーーーっ!」
(普通の生活でここまでの厚化粧いらんでしょ!)


そんな感じで、髪の毛が歌舞伎役者状態になっている方が多いので、一応、参考までにお伝えしておきます。

使用の際は、髪の様子を見つつ、毛先にちょちょっとうすづけ程度で大丈夫ですよ^ ^


もっと詳しく知りたい!
わたしの場合はどうなの?
そんな方には、LINEからもご質問ご相談お受けしております。
お気軽にお問い合わせくださいね。


それでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございます^ ^


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただいま、既存のお客様はご紹介特典を!
ご新規のお客様はブログ特典をご用意!


髪の悩みに真剣 粧屋(めかしや)

鹿児島中央駅より徒歩7分の美容室。 兄弟2人で営業しております!

0コメント

  • 1000 / 1000